2009年02月10日

史上初の快挙!俳優がR-1決勝進出

今後の活躍が楽しみですね・・・・・


 ピン芸人No.1を決める「R-1ぐらんぷり2009」の決勝進出者が9日、都内で発表され、映画「20世紀少年-第2章-最後の希望」などに出演している俳優・鬼頭真也(夜ふかしの会)(30)が、大会史上初めて俳優としてファイナリストとなった。

 演出家・河原雅彦氏らが在籍するハイレグタワー所属で、ネタは1本のみという異色キャラが、百戦錬磨のピン芸人に立ち向かう。決勝は17日。敗者復活戦(15日)を勝ち上がった2人を加えた10人で争い、優勝者には賞金500万円と副賞として車(日産セレナ)が贈られる。


  ◇  ◇


 R-1初の快挙が起こった。ファイナリスト経験者5人を含む実力派ピン芸人が居並ぶ中、場違いなほどおとなしい男がいた。「緊張はなかったけど、視聴者気分だった」と振り返る鬼頭は、本職が俳優だ。チョイ役ながらドラマ「時効警察」や映画「誰も知らない」などに出演してきた。

 もともとお笑い好きで大学卒業後、コメディー劇団「動物電気」に所属。その後、ハイレグタワーに所属する一方で、06年からコントユニット「夜ふかしの会」でライブは行ってきたが、R-1は昨年が初出場。「エンタの神様」にも1度出演したもののネタは1本しかない。それでも今回、役者として鍛えた滑舌の良さを生かし“本のおもしろ紹介”で爆笑をとり続け勝ち上がった。

 まさかの決勝進出で、賞金500万円がちらついても“役者第一”のスタンスは変わらない。都内で家賃3万3千円のアパートに住み、昨年の年収は120万円。そのうちデパ地下の総菜屋でのアルバイトで100万円を稼ぐ鬼頭は「加瀬亮さんみたいになりたい」と売れっ子を夢見ている。

 2回戦後に鬼頭と将来の話をしたという所属事務所も「やっぱり役者でということ。(お笑いの舞台で)自己表現を学んでほしい」と挑戦を見守る。“ゴールデンタイム生放送”という最高の舞台で輝きを放てば、俳優としてのオファーも有力。僧侶修行の経験もある異色の30歳が、台風の目になりそうだ。


−デイリースポーツ−
posted by geinou-news1 at 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ニュース

2009年02月06日

若い女性でも…飯島愛さん「肺炎」専門医が語る恐怖

恐いですね・・・・気を付けましょう!


 死因が「肺炎」だったことが明らかになった元タレントの飯島愛さん。高齢者ならともかく、36歳という若さで肺炎が命を奪う可能性はどれぐらいあるのか。専門医で女医でもある大阪厚生年金病院呼吸器内科医長の鈴木夕子医師に聞いた。

 まず、36歳の女性が肺炎で死亡するのは「非常に珍しいこと」と語る鈴木医師。ただし、「肺炎の中でも間質性肺炎は若い女性でも悪化し、死に至ることもあります。一般的な細菌性肺炎などは、よほど免疫低下の状態でなければ、死に至ることはめったにありません」という。

 飯島さんは死の直前までつづっていたブログなどで、精神的に追いつめられていたことが分かっている。

 「精神的につらい状況で食事もとらず、栄養状態も低下している時に、肺炎になり適切な治療を行わなければ死に至る可能性はあります。うつと肺炎に直接因果関係はないと思います。ただ、うつで免疫低下を引き起こすという報告はあり、同世代の(心が健康な)女性よりは免疫低下の状態にあった可能性はあります」

 何らかの事情で飯島さんが資金繰りに困っていたという関係者の証言もあった。仮に飯島さんのようなスリムな体形で栄養状態が良好ではない場合も危険をはらんでいるという。

 「うつで食事が不規則だったり偏食だと明らかに栄養状態は悪くなり、免疫低下につながります。その意味では関連があるかもしれません」

 残念なのは、治療が十分可能だった、とみられることだ。鈴木医師はこう話す。

 「一部の特殊な肺炎をのぞき、一般的には適切な治療をすれば治癒する病気です。予防法は、栄養と睡眠をきちんととること、また咳や熱など風邪症状と思えるものでも長引いたら医療機関を受診することです」


−夕刊フジ−
タグ:飯島愛 肺炎
posted by geinou-news1 at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ニュース

2009年02月04日

飯島愛さんの死因は肺炎

ご冥福をお祈りします


 東京都渋谷区の自宅マンションで昨年12月24日に死亡しているのが見つかった元タレントの飯島愛さん(36)=本名・大久保松恵=の死因は肺炎だったことが4日、警視庁渋谷署の調べで分かった。

 行政解剖では死後1週間程度経過していることが判明したが、死因は特定できず、病理検査を続けていた。病院に通院したり、薬を服用したりするなどの治療の有無は不明という。


−産経新聞−
タグ:飯島愛
posted by geinou-news1 at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ニュース

2009年02月01日

報ステ河野アナ後任に「イッチー」昇格

楽しみです・・・・・


 テレビ朝日「報道ステーション」(月〜金曜後9・54)のサブキャスターを4月から市川寛子アナウンサー(29)が務めることが31日、分かった。現在の河野明子アナ(30)は、プロ野球中日の井端弘和内野手(33)と結婚、今年3月末での退社が決まっている。市川アナは同番組の天気予報を担当している。

 市川アナは「報ステ」を立ち上げた04年4月から、同番組の“お天気お姉さん”として活躍。06年には、3度目の挑戦で気象予報士の資格を取得した。

 5年間のこうした努力や実績が局内では高い評価を受けており、メーンキャスターの古舘伊知郎氏(54)からの信頼も厚い。しっかりとしたアナウンス技術と明るいキャラクターでお茶の間に親しまれ、ともに仕事をしてきたスタッフともコミュニケーションを取れることなどが買われ抜てきが決まった。

 サブキャスターは同番組スタート時から河野アナが務めてきており、市川アナは「2代目」となる。以前から「報道や情報番組に携わっていきたい」と語っており、報道志向が強い。“お天気お姉さん”と比べると、読む原稿量も膨大でニュースに関する深い知識も必要。古舘氏とのコンビネーションも試されるが、市川アナにとっては念願の大役となる。

 “お天気お姉さん”の後任は現在、調整中。市川アナは入社2年目の4月に“お天気お姉さん”に抜てきされており、後任も昨年4月に入社した3人の新人女性アナウンサーを軸に選出される可能性が高そうだ。

 ◆市川 寛子(いちかわ・ひろこ)1979年(昭54)12月7日生まれ、名古屋市出身。青学大経済学部卒業後の03年4月にテレビ朝日入社。04年4月から「報ステ」の天気予報を担当。料理番組「二人の食卓」(土曜後6・30)にもレギュラー出演している。


−スポニチ−
posted by geinou-news1 at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ニュース

2008年12月13日

手術が終わったら仕事だぜ! 主水姿で藤田まこと復活

人気ブログランキングへ

 食道がんの手術後、療養中だった俳優の藤田まことさん(75)が、ドラマ「必殺仕事人2009」の中村主水(もんど)役で復帰、約9カ月ぶりに元気な姿を見せた。

 「絶対仕事に戻るという信念を持っていた」と藤田さん。8月に退院、リハビリしながら、10月下旬から撮影に合流していた。

 1月開始の「必殺」新シリーズは実に17年ぶりの復活。「きっと神様が復帰第一作に『仕事人』を選んでくれたのだと思う」と話すと、思わず涙ぐんだ。


−産経新聞−
posted by geinou-news1 at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ニュース

2008年12月11日

タカトシ・タカ、収録中に全治3週間のケガ

最近、こんな事故が増えてますね・・・・何かと落ち着かない年末です!
気を付けましょう♪

人気ブログランキングへ

 人気お笑いコンビ「タカアンドトシ」のタカ(32)が、レギュラー出演中のテレビ朝日系「もしものシミュレーションバラエティ お試しかっ!」の収録中に左足をねんざして全治3週間と診断されていたことが11日、わかった。

 同局によると10日の午後、「もしもSP(セキュリティポリス)に護られたら」という企画の収録中に、タカが警備の隙を突こうとした時、SPに押さえられた際に足首をひねったという。

 同局は「安全上、リハーサルを重ねた上で本番の収録を行いましたが、このようなことになり申し訳ございません。いっそうの安全管理を徹底してまいります」とコメントした。


−サンケイスポーツ−
posted by geinou-news1 at 19:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ニュース

2008年12月10日

“ものまね四天王”清水アキラ、山本高広に苦言

人気ブログランキングへ

 “ものまね四天王”と呼ばれるタレントの清水アキラ、ビジーフォーのグッチ裕三、モト冬樹、栗田貫一らが10日(水)、都内で行われたDVD『ものまね王座決定戦 DVD BOX』発売記念記者発表会に出席した。清水は“ものまねの大御所”として、タレントの山本高広による織田裕二のモノマネをめぐる騒動について「本人がやだって言うのにものまねするのはいかがなもんか」と苦言を呈した。

 1985年から2000年に放送され、「ものまね」をお茶の間に浸透させたテレビ番組『爆笑! スターものまね王座決定戦』(フジテレビ系)の名シーンばかりを収録した同作。モト冬樹は「(僕は)今の若い子にはただのハゲた役者だと思われてる。前は音楽もやってたんだぞ! ってぜひ若い子に観てほしい」とアピールし、共演者らとの久しぶりの再会で同窓会のように盛り上がった。

 会見後にインタビューに応じた清水は、山本高広の一連の騒動について苦言を呈すも「そういう私も谷村新司さんには嫌がられてましたけどね」と笑いを交えて告白。報道陣から詳細を問われると「でもあいさつしたら返してくれたし、やるなとは直接言われてない。(山本の)今回の問題はちょっと難しいんじゃないかな」と自身の見解を述べた。

 会見にはほかに司会者代表としてタレントの榊原郁恵、ガダルカナル・タカが出席。山口県での仕事の都合で欠席した“ものまね四天王”のひとりでタレントのコロッケは、ビデオメッセージで「プロデューサーにたぶん私が1番怒られたと思う。(この番組は)私にとっての財産です」とコメントを寄せた。

 DVD『ものまね王座決定戦 DVD BOX』は17日(水)発売。来年1月21日には『紅白ものまね歌合戦』、2月18日に『ものまね四天王』のDVD BOXが発売される。


−オリコン−
posted by geinou-news1 at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ニュース

2008年12月08日

ドランクドラゴン・塚地、「はねるのトびら」収録中に骨折

人気ブログランキングへ

 フジテレビは8日、お笑いコンビ「ドランクドラゴン」の塚地武雅(37)が同局の人気バラエティー番組「はねるのトびら」(水曜・後7時57分)の収録中に骨折したことを発表した。

人気コーナー「スターだらけの大運動会」で、塚地は傾斜スロープを踏み切り、左足だけで着地。収録後に病院での検査の結果、左足脛骨骨折で全治2〜3か月と診断された。9日に手術を行う。


−スポーツ報知−
posted by geinou-news1 at 20:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ニュース

2008年12月05日

今年一番カラオケで歌われた曲はGReeeeNの「キセキ」 〜第一興商調べ〜

人気ブログランキングへ

 業務用通信カラオケ大手の第一興商が5日(金)、『2008年 年間カラオケリクエストランキング』を発表した。楽曲別ランキングの1位はGReeeeNの「キセキ」で、アーティスト別ランキングの1位をEXILEが獲得している。

 楽曲別の2位にはEXILEの「Lovers Again」、3位にはGReeeeNの「愛唄」が登場。2007年に発売された楽曲が上位に出揃う中、今回楽曲別で1位となったGReeeeNの「キセキ」は今年の5月に発売され、同じく今年の1月に発売された青山テルマ feat.SoulJaの「そばにいるね」も5位にランクイン。両アーティストの今年の勢いが証明された形となった。

 アーティスト別は1位「EXILE」、2位「倖田來未」、3位「コブクロ」という結果に。この上位3アーティストは昨年も5位以内に入っており、変わらない人気の高さを見せつけた。楽曲別で1位となったGReeeeNは同部門でも6位と健闘している。また今年、活動休止を発表したサザンオールスターズも昨年の13位から7位に順位をあげている。

 第一興商が発表した『2008年 年間総合ランキング』の楽曲別、アーティスト別それぞれのTOP5は以下の通り。


【楽曲別】
1位:「キセキ」GReeeeN 2位:「Lovers Again」EXILE 3位:「愛唄」GReeeeN 4位:「蕾」コブクロ 5位:「そばにいるね」青山テルマ feat.SoulJa

【アーティスト別】
1位:EXILE 2位:倖田來未 3位:コブクロ 4位:浜崎あゆみ 5位:Mr.Children

※調査期間:2008年1月〜11月。第一興商の通信カラオケDAMシリーズ全機種の歌唱度数によるもの。


−オリコン−
posted by geinou-news1 at 20:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ニュース

2008年11月27日

たばこ増税40〜60円案浮上 「1箱1000円」は見送り

電子タバコの方が経済的で体にもいいですね^^

人気ブログランキングへ

 年末の平成21年度税制改正で、たばこ増税の検討が進んでいる。景気後退により税収が大幅に落ち込むことが避けられないためだ。ただ、今年6月には「1箱1000円」も視野に入れた議連が発足したが、来年度に増税を実施したとしても、1本当たり2〜3円の比較的小幅にとどめる案が浮上している。

大増税はたばこの消費をさらに落ち込ませる懸念があるほか、税収予測も困難になるだけに、今年も小刻みな増税で税収の“帳尻合わせ”に利用される公算が大きい。


 日本たばこ産業(JT)の木村宏社長は27日、256万人の署名を持参して自民党に増税反対を訴えた。自民党では厚生労働部会がたばこ税の増税を要望。増収分を社会保障費に充当し、自然増の抑制幅を2200億円から圧縮する狙いがある。

 しかし、25日の自民党税制調査会の会合では、今年3月の成人識別カード「taspo(タスポ)」導入で、自販機の利用が減り、売り上げが激減している状況を考慮しなければならないなど、増税に否定的な意見が大勢を占めた。

 それでも、与党内では1本2〜3円(1箱40〜60円)増税する案が浮上した。背景には、景気の悪化で国税収入の大幅減が確実となる一方、衆院解散を控え、21年度税制改正論議が「減税一色」となっていることがある。これまでも「困ったときのたばこ税」と言われ、財源捻出(ねんしゆつ)に利用されてきた。木村社長は党本部で保利耕輔政調会長に陳情した後、記者団に「取りやすい所から、税源のためにたばこにいくというのは、税の公平性に反している」と訴えた。

 今年6月には、国民の健康促進の観点から大幅増税を目指す超党派の議員連盟が発足し、幹部は「少なくとも600円にする」と主張していたが、衆院解散をめぐる与野党の対立で活動が鈍化したこともあり、春先の勢いはない。

 規模にかかわらず増税に反対する木村社長は「(過去の増税は)たばこの消費減少を加速させただけで、税収増を果たせていない」と、増税回避を訴えた。


−産経新聞−
posted by geinou-news1 at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ニュース

2008年11月26日

知人男性死なせた元Vシネ女優に懲役2年6月の実刑判決

かなり行き過ぎたようですね・・・・・・・

人気ブログランキングへ

 東京都大田区で1月、交際相手だった無職の藤家英樹さん=当時(53)=をナイフで刺し死なせたとして、傷害致死の罪に問われた元Vシネマ女優、木村衣里被告(32)の判決公判が26日午後、東京地裁で開かれた。被告が刺したか、被害者が自分で刺したのか−の認定が争点となったが、秋葉康弘裁判長は被告の犯行と認め、懲役2年6月(求刑懲役4年)を言い渡した。


 公判で検察側は、木村被告にSM(サドマゾ)の嗜好があり、お互いが暴力を振るってから性行為に至っていた−と指摘。犯行直前も木村被告と藤家さんが性的興奮を得るために、お互いに暴力を振るい合っていたとし、「SMプレイの行き過ぎによる犯行」と結論付けた。

 一方、弁護側は「藤家さんが性的興奮を高めるため自分で刺したか、事件直前の激しい暴力のために意識がもうろうとしていた被告に刺させた」と主張。衣里被告に藤家さんを刺す動機がなく、刑事責任能力もないとして無罪を主張していた。

 衣里被告は被告人質問で、藤家さんの傷について「私の中では何があったのか分からないという表現しかできません」などと供述していた。

 起訴状によると、木村被告は1月26日朝、大田区の自宅マンションで、同居していた藤家さんの背中を果物ナイフで1回刺して死亡させた。

 衣里被告は平成8年、大手自動車メーカーのキャンペーンガールとして芸能活動をスタート。レースクイーンや女優も経験し、Vシネマに出演したり、写真集を3冊発売するなど活躍していた。


−産経新聞−
タグ:木村衣里 SM
posted by geinou-news1 at 20:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ニュース

2008年11月25日

“全治3週間”西村和彦、ナベアツのギャグで回復アピール

元気でよかったです!!!

人気ブログランキングへ

 今月22日に自転車で都内を走行中、乗用車と衝突し全治3週間の交通事故に遭っていた俳優・西村和彦が25日(火)、都内で行われた『スカパー!アワード2008』に出席し「ご心配をおかけしました」と元気な姿をみせた。

 西村は「左脇の肋軟骨を損傷しました。まだ、ちょっと痛みます…」と話したが、共に登場した世界のナベアツから「何本折れたんですか?」のフリには「3本!」としっかりナベアツのギャグを交えて回復ぶりをアピール。

 ナベアツ、経済評論家の勝間和代氏と一緒にブルーカーペットを歩いた西村は報道陣から「ケガの具合はいかがですか?」との問いに「あまり笑わせないで〜」と苦笑い。事故後、妻には「気をつけてくださいね」と心配されたという。西村は前日(24日)に公式ブログで「大丈夫です。明日から仕事復帰します」と、一足早く仕事復帰を報告していた。


−オリコン−
posted by geinou-news1 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ニュース

『第59回NHK紅白歌合戦』出場歌手、全53組正式発表 ミスチルら初出場14組

人気ブログランキングへ


『第59回NHK紅白歌合戦』出場歌手、全53組


 NHKは25日(火)、『第59回NHK紅白歌合戦』の出場歌手を正式に発表した。初出場は紅組が青山テルマ、Perfume、藤岡藤巻と大橋のぞみら6組、白組が羞恥心 with Pabo、Mr.Children、水谷豊ら8組。昨年の初出場組は8組だったが、今年は14組とよりフレッシュな顔触れとなった。また北島三郎が45回目の出場を決め最多出場記録を自ら更新した。


 その他、初出場は紅組:秋元順子、いきものがかり、GIRL NEXT DOOR、白組:キマグレン、木山裕策、ジェロ、東方神起。映画『崖の上のポニョ』の同名主題歌を歌う大橋のぞみは、河野ヨシユキ(1954年)、萩原舞(℃-ute/2007年)の11歳を更新し9歳での史上最年少出場。水谷は歌手デビューから32年目での初出場となった。


 また『ブラジル移民100周年』を記念して宮沢和史 in ガンガ・ズンバ & ザ・ブーム、『SAVE THE FUTURE』としてアイルランドの歌姫・エンヤが特別企画枠として出場する。


 NHKは前回から節目となる来年の60回までの3年をかけ『紅白』のリニューアル化を進めており、3年間を通じてのコンセプトは“歌力(うたぢから)”。今年は“歌の力・ひとの絆(きずな)”をテーマに掲げており、NHKでは「家族、恋人、友達といった“大切なひと”と“いっしょに”、心から楽しめる『紅白』を目指す」としている。


 今年は日本テレビ系(映画『崖の上のポニョ』)、フジテレビ系(バラエティ『クイズ!ヘキサゴンII』)、テレビ朝日系(ドラマ『相棒』)といった民放各局から飛び出した目玉出場が目立ち、例年にない陣容が話題を呼びそうだ。


 これまでの対戦成績は紅組28勝、白組30勝。昨年は白組が勝利しており、今年も初出場組数では白組がリード。大みそか恒例の『第59回NHK紅白歌合戦』(NHK総合ほか)は12月31日(水)後7:00〜後11:45(途中ニュース中断あり)放送。


−オリコン−

posted by geinou-news1 at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ニュース

2008年11月19日

狭心症から復帰で“千春節”全開「オレ以上の天才はいないな」

まだまだ頑張ってくれそうですね!

人気ブログランキングへ

 シンガー・ソングライター、松山千春(52)が18日、東京・丸の内の東京国際フォーラムで、不安定狭心症から復帰後初の東京公演を開催した。

7月1、2日の予定だった同公演がこの日まで延期され、「ご迷惑、ご心配かけました。もう元気よくタバコも吸ってます」と5000人にアピール。

 最新曲「思ひ」や代表曲「長い夜」など15曲を熱唱し、「やっぱり、オレ以上の天才はいないな。才能があふれる、あふれる」と“千春節”全開だった。19日も同所で行われる。


−サンケイスポーツ−
タグ:松山千春
posted by geinou-news1 at 16:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ニュース

2008年11月17日

紅白司会「中居&仲間」絶妙コンビが復活

中居君の司会業、本業にした方がいいのでは・・・・・

人気ブログランキングへ

 昨年、紅組の司会を務めた中居にとっては白組司会は通算4回目。これは名アナウンサーとして知られる故宮田輝さん(享年68)の11回、故高橋圭三さん(享年83)、山川静夫氏(75)の9回に続く、歴代単独4位。タレントとしては、加山雄三(71)堺正章(62)の3回を抜いて歴代首位に立つ。

 一方、紅組3回目となる仲間も、森光子(88)、中村メイコ(74)、和田アキ子(58)と並んで歴代4位に入る。名実ともに、平成の「紅白の顔」と言ってもいいコンビだ。

 NHK関係者によると、2人は紅白司会に関するアンケート調査でいずれもトップクラス。SMAPとしての知名度は言うまでもなく、仲間も20代ながら大型時代劇出演のキャリアが豊富で、いずれも「老若男女に幅広く愛されるキャラクター」という声が多かった。今月9日にオリコンが発表した「紅白で司会をしてほしい有名人」という調査でも中居が1位、仲間が2位だった。

 06年にコンビを組んだ印象が強いこともあり「盛り上げるのがうまい中居くんと控えめで落ち着いている仲間さんはピッタリ」と相性の良さを指摘する声も多いという。それは中居自身も感じており、06年の時に2人の名前に掛け「“なか・なか”良いコンビと言われたい」と話していた。

 2人はこの時の共演が高く評価され、映画「私は貝になりたい」(22日公開)で夫婦役を演じることになったほど。今年の紅白のテーマは「歌の力、人の絆(きずな)」で、製作陣が意識しているのは、世代を超えて一緒に楽しめる番組作り。打ってつけの“なか・なか”コンビを今週中に正式発表する予定。出場歌手の発表は今月下旬になりそうだ。


−スポーツニッポン−
タグ:紅白司会
posted by geinou-news1 at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ニュース

2008年11月07日

筑紫哲也氏が死去 「NEWS23」メーンキャスター

ご冥福をお祈りします

人気ブログランキングへ

ニュースキャスターで元新聞記者の筑紫哲也(ちくし・てつや)氏が7日、肺がんのため、死去した。73歳。

 平成19年5月、メーンキャスターを務めるTBSの報道番組「筑紫哲也NEWS23」の放送中に、自ら肺がんであることを告白。手術後の番組への復帰を約束し、闘病生活に入っていた。


 昭和10年生まれ。早稲田大学を卒業後、朝日新聞社に入社。新聞記者として政治部や本土返還前の沖縄特派員、米国ワシントン特派員などを歴任。同社記者として昭和52年から約5年間、テレビ朝日系の報道番組「日曜夕刊!こちらデスク」の司会者を務め“異色の新聞記者”として話題を集めた。また、朝日新聞が発行していた週刊誌「朝日ジャーナル」で昭和59年から約3年間、編集長を務めた。

編集長時代に手掛けた連載企画「若者たちの神々」「新人類の旗手たち」などでは、さまざまなジャンルの一線で活躍する若者を取り上げ、「新人類」という言葉を生み出した。


平成元年に朝日新聞社を退職。当時、高い視聴率を得ていたテレビ朝日系の報道番組「ニュースステーション」に対抗してTBS系で同年から始まった報道番組「NEWS23」のメーンキャスターに抜擢(ばってき)された。


−産経新聞−
タグ:筑紫哲也
posted by geinou-news1 at 19:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ニュース

2008年11月04日

小室哲哉5億円詐欺で逮捕へ!離婚も濃厚

天国から地獄ですね・・・・・

人気ブログランキングへ

 人気音楽プロデューサーの小室哲哉(49)が所有していない著作権を譲渡すると偽って兵庫県内の投資家から5億円をだましとった疑いが強まり、大阪地検特捜部は3日、小室ら取引に関係した計3人の逮捕状を取った。

 4日に事情聴取し、容疑が固まり次第逮捕する。一時は高額納税者番付に名を連ねた小室だが、事業の失敗で多額の借金を抱えていた。関係者によると、一緒に音楽ユニット「globe」を組む妻のKEIKO(36)とも離婚することになりそうだ。


 90年代の日本の音楽シーンの頂点に君臨し、手掛けたCDの総売り上げは1億7000万枚を超える希代のヒットメーカーが逮捕される。

 問題となっているのは06年8月、小室が手掛けた計806曲分の著作権を10億円で売却すると兵庫県芦屋市の投資家男性に持ち掛けたこと。その曲の大半は小室が作詞作曲したものだったが、実際は著作権を譲渡する権限はなかったという。それを知りながら、同月に代金の一部として男性から5億円を受領し、だまし取った疑いが持たれている。

 関係者によると、大阪地検特捜部から小室は「きょう4日に詳しい事情を聴きたい」と言われており、その場で逮捕される見通しだ。

 96年から2年連続で高額納税者番付の第4位に入り、年間所得が20億円に達するなど日本の音楽史上最も稼いだ男と言われた。それが他人の金を詐取するという誰も想像もできなかった転落ぶり。ひとつの原因は00年に香港に設立し、株式上場させた音楽制作会社「ロジャム」の失敗だ。

 世界のメディア王、ルパート・マードック氏率いる会社と組むなど“世界のTK”としてビジネスに参入したものの、上場から1年足らずで大幅な赤字に転落。02年に持ち株すべてを売却し、損失額は70億円といわれている。

 その後は転落の一途で米ロサンゼルス、ハワイ、バリに持っていた豪邸やスタジオを売却。3億円相当のベンツやフェラーリなど高級外車も売り払った。02年に離婚した前妻の歌手の吉田麻美(33)との慰謝料は7億円に上り、05年にはJリーグ「大分トリニータ」への年間スポンサー料7000万円を滞納。所属していた吉本興業からも契約を解除された。

 関係者によると「いまも1億〜2億の印税収入がある。だが、浪費癖が直らないから借金は増えるばかりだった」という。一方で、スタッフたちの月給を滞納し、次々と部下が去っていった。「その代わり、音楽とは関係のない世界からいろんな人たちが群がってきた。今回の事件は、その象徴だろう」と指摘する。

 転落する夫を支えてきたKEIKOも、かなりショックを受けているという。昨年11月12日に実父を亡くし、もうすぐ1年。小室もKEIKOの実家に迷惑を掛けられないことから、離婚には合意するとみられる。


−スポーツニッポン−
タグ:小室哲哉
posted by geinou-news1 at 19:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ニュース

パリス・ヒルトンが涙ながらに告白「人を信じるって難しい…」

セレブも大変ですね・・・・・

人気ブログランキングへ

 お騒がせセレブとして、その名を欲しいままにし、現在白熱中の大統領選には自作のビデオで参戦するなど、話題に事欠かないパリス・ヒルトンだが、実はその裏側にある多大な苦労を明かした。

 2日に英国タブロイド誌『News of the World』が伝えるところによれば、パリスは何不自由ないお嬢様のように見えるが、実は自身の持つお金と名誉のために今まで出会ってきた男たちに騙され続けてきたと涙ながらに語ったという。

 人気バンド、グッド・シャーロットのヴォーカルであるベンジー・マッデンと現在交際中のパリスは「他の付き合っていた男たちは皆、私の体かお金が目的だったわ。ほとんどの場合、名声が欲しかっただけなのよ。人間を信じるのって難しいわ。」と自身の歩んできた苦労を涙で同誌に告白している。 

 そしてベンジーと出会い、初めて本物の「愛」を探し当てたというパリスは「本当に今良かったと思っているわ。だって、私のためだけに私を愛してくれる人を見つけたんだもの。彼は私の親友でもあって、私を傷つけることは絶対しないわ」とコメントした。

 現在、自身のリアリティ・ショーである『パリス・ヒルトン ブリティッシュ・ベスト・フレンズ』の収録などのために英国を頻繁に訪れているパリスは、つい先日、英国王室のウィリアム王子を誘惑したと騒がれ、世界のパリスぶりを英国国民に知らしめたばかりである。


−オリコン−
posted by geinou-news1 at 19:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ニュース

2008年10月29日

泰葉 直接「豚野郎」!脅迫メールは数百通

すごい口撃・・・・

人気ブログランキングへ

 歌手の泰葉(47)が上野公園音楽祭ドタキャンをめぐり、元夫の落語家・春風亭小朝(53)と対立している問題で、泰葉は28日、マスコミ各社に文書を送付。27日夜、小朝と電話で話し合ったとし、直接「豚野郎」と言ったことや、小朝に数百通の脅迫メールを送っていたことを告白した。

一方、泰葉の母・海老名香葉子さん(75)は28日、直筆の文書で騒動を謝罪した。泰葉は、29日に会見を行う。

 泰葉の事務所関係者によると、27日午後11時ごろ、小朝から電話があった。泰葉が直接「豚野郎」とののしる場面もあるなど約1時間半にわたって激論が続いたが、平行線をたどったようだ。

 文書は、その直後の心情を告白したものだといい、関係者は「文書を送付したのは、事実を伝えたいという気持ちの表れ」と説明。この文書だけでは、気持ちを理解してもらうのは難しいとし、29日に会見を行うという。本人は「この程度の内容で、お集まりいただくのは心苦しい」と会見には消極的な様子だったが、関係者が「皆さんに直接、説明するべきだ」と説得したという。

 文書では脅迫メールを数百通送ったことも明かされており、その内容は「書けないような、汚い言葉のオンパレード」。ブログでは小朝を「金髪豚野郎」と過激な言葉で表現していたが「金髪豚野郎など優しいものではありませんでした」と振り返っている。

 当初、小朝はこの脅迫メールを「男気」で受け止めるつもりだったが「(内容が)あまりにもひどくなったので、母に訴えたのです。“訴える”という言葉が母の頭の中で巨大化し、私(の音楽祭出演)を止めたのです」と説明している。泰葉は音楽祭の欠席後「小朝氏より、私が(音楽祭で)発言した場合、提訴も辞さない」と通達があったとしていた。

 ただ、文書では、泰葉がこれほどまで過激に小朝を“口撃”する具体的な理由は明かされないまま。会見で明らかになるのか注目される。


−スポーツニッポン−
タグ:泰葉
posted by geinou-news1 at 07:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ニュース

2008年10月25日

月亭可朝が芸能活動再開 自粛期間は「ギャンブルばっか」

芸能界、甘いですね・・・・・

人気ブログランキングへ

 元交際相手の女性に対するストーカー事件で高座・メディア出演を自粛していた落語家の月亭可朝が、来月4日(火)放送のTBS系『バラエティニュース キミハ・ブレイク〜失敗者のタメになる話〜』で芸能活動を再開させることになり25日(土)、同番組収録前に会見を行った。

 可朝は自粛期間について「ギャンブルとかそんなんばっか。温泉行って、土日は競馬とかで楽しませてもらいましたわ」と話し、反省の色が見られないまま最後は「おおきに〜」と万歳しながら満面の笑みで復帰を喜んだ。所属事務所によると「全国ネットでのテレビ出演は『笑点』の正月特番以来」で約10か月半ぶり。


 可朝は元交際相手の女性へのストーカー規制法違反罪で罰金30万円の略式命令を8月12日に受け、釈放後の同28日に大阪市内で釈明会見を行った際も、トレードマークのカンカン帽で取材に応じ、代表曲「嘆きのボイン」の替え歌を交えるなど反省した様子がほぼ見られなかった。

 この日も同じスタイルで会見に臨んだが「記者会見で歌を歌って不謹慎と叩かれたので…」とさすがに替え歌は自制した。


 冒頭の自粛期間のエピソードで報道陣の失笑をさらったあとは「出演なしで休みばっかは苦痛。たまりへんわ」とさすがに懲りた様子。ただ女性関係に関しては「まだバイアグラ要らずですしね。そういう欲望がなくなってほしいんですよ。でも、まだちょっとありまんねん、未練が。もう無理なことはしませんがね」とメガネ越しに目をギラギラと輝かせた。


 前回の会見後、所属事務所は「上方落語界の重鎮としてもう一度、本業を磨いてもらう」と、事実上「おとがめなし」のまま芸能活動を自粛していたが、今回のテレビ出演をもって正式に活動を再開。来月17日(月)に東京・よみうりホールで開催される『第30回 東西落語研鑽会』で高座復帰も果たす。


 同番組は、可朝のほか板東英二、岸部四郎、ガッツ石松らのお金の失敗談や、藤田憲子さんの結婚の失敗談から教訓を得るという趣旨のバラエティニュース番組。可朝は、同番組を引き合いに「人生の99%が失敗ですわ。事業やっても選挙やっても失敗。最大の失敗は生まれてきたことですね。女性関係の最大の失敗は嫁はんにバレたこと」と悪びれずに話していた。放送は11月4日(火)後19:56。

タグ:月亭可朝
posted by geinou-news1 at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ニュース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。