芸能ニュース-紹介。話題のニュースも! > スポーツニュース > 中国・コリンズ監督「ダルビッシュを1発で仕留めたい」=WBC公式練習

2009年03月04日

中国・コリンズ監督「ダルビッシュを1発で仕留めたい」=WBC公式練習

 第2回ワールドベースボールクラシック(WBC)に出場する中国代表が4日、初戦の日本戦を翌日に控えて東京ドームで公式練習を行った。コリンズ監督はリードオフマンの孫嶺峰らに打撃投手を務め、打線の仕上がり具合を自ら確認した。打線の中心となる中国系米国人のレイ・チャンはパワーあふれるバッティングで長打を見せた。

 中国は東京ドームで行われた強化試合では埼玉西武に2対9、巨人に1対11と連敗。序盤までいい試合をするも、一度崩れるとガタガタと大量失点を重ねる姿が目立った。しかし、その後の3日間の調整で、米国・フロリダ合宿からの長距離移動の時差ぼけや疲れは取れてきた様子。指揮官も「今はみんな素晴らしいコンディションになっている」と語るとおり、この日の練習では伸び伸びとグラウンドを駆け回っていた。

 コリンズ監督は日本戦に向けては「(先発が予想される)ダルビッシュ有は世界で有数の投手だが、自信を持って打席に立ち、甘いボールを1発で仕留めたい」と闘志を燃やした。

 日本戦の先発は多彩な変化球を武器にする技巧派右腕・李晨浩が予定されている。また、1番・孫嶺峰、2番・侯鳳連、3番・レイ・チャン、4番・馮飛、5番・王超、6番・劉広標、7番・楮夫佳、8番・賈徳龍、9番・張振旺の先発オーダーで臨む。レイ・チャンは米大リーグ・パイレーツ傘下のマイナーに所属する長距離ヒッター。張振旺も米大リーグ・ヤンキース傘下で研さんを積んでいる。


−スポーツナビ−
posted by geinou-news1 at 20:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。